【平岸のスポーツジムランキング】運動初心者の方にもおすすめ!スポーツクラブから24時間ジムまでをまとめて紹介!

ジムの基本的なマナーとは?最低限のマナーを守って快適に利用しよう!

公開日:2021/08/15

初めてジムに通おうと考えている方は、ジムのマナーがわからなくて戸惑うこともあるかと思います。また、ジム通いが習慣になってきた方も、知らないうちに周囲の迷惑になっている可能性もあります。そこでこの記事では、ジムでの基本的なマナーについて解説します。ジムを快適に利用したい方はぜひ参考にしてください。

ジム利用の流れ

まず、ジムの基本的な流れについて説明します。もしわからないことがあれば、気軽にスタッフに聞いてみましょう。

入店する

ジムについたらフロントで受付をします。24時間営業のジムでしたら、セキュリティカードをかざしてチェックインします。

着替える

ロッカールームで着替えをして荷物をロッカーに入れたら、飲み物・タオルなど必要な物だけを持ってジムエリアに移動します。

ウォーミングアップ

ストレッチをして筋肉をほぐしたら、お好きな有酸素マシンで5分から10分程度のウォーミングアップを行って体を温めます。

トレーニング

マシンを目的に合わせて数種類行います。多くのジムでは目的別のおすすめメニューが案内されていますが、トレーナーに相談してオリジナルのメニューを組んでもらうのもおすすめです。

有酸素運動

筋肉に負荷をかけた後に有酸素運動を行うことで、効率的な脂肪燃焼効果を期待できます。息が上がらない位の強度で20分から30分程度行います。スタジオレッスンやプールがあるジムでしたら、好みに応じて利用してみるのもよいでしょう。

クールダウン

ストレッチをして使った筋肉をゆっくりと伸ばすことで、疲労回復効果が期待できます。深い呼吸を続けリラックスしながら行いましょう。

着替えて退店する

シャワーに入るなどして着替えたら退店します。

ジムの基本的なマナー

次に、ジムの基本的なマナーを解説します。ジム内に注意書きはありますが、いろいろな人が利用するジムでは気づかないうちに周囲へ迷惑をかけてしまうことも。そのため今一度マナーを確認することが大切です。

マシンを使った後はアルコール消毒をする

マシンを利用した後は、汗がついてしまいます。そのため、備え付けられている消毒用アルコールとペーパータオルなどでマシンを拭くようにしましょう。そうすれば、次の人が気持ちよくマシンを利用できます。

スマホ・携帯電話の使用を控える

ジム内での通話は控え、必要な場合はロビーなどに移動してから行いましょう。また通話以外にも、SNSチェックなどトレーニングに無関係な使用をしていると、つい夢中になり器具を独占していたなんてことにもなりかねません。ジムへ来たらトレーニングに集中しましょう。

使用後は元の位置に戻しておく

ダンベルやプレートは重さごとに並べてあります。使った後は同じ場所へ必ず戻すようにしましょう。マシンの重量を変えるピンは、ジムによってはそのままでもよい場合がありますので、スタッフに確認しておくことをおすすめします。

器具を乱暴に扱わない

マシンの重り同士をガチャンガチャンと音を出して使う、またはダンベル同士をぶつけて使うことやバーベルを下に落とすような乱暴な使い方はやめましょう。丈夫に見える器具も意外に壊れやすいものです。公共の物という意識を持ち大切に扱いましょう

ジムでやってしまいがちなマナー違反

トレーニングに慣れてきた方でもうっかりやってしまいがちなので、無意識にマナー違反をしていないか振り返ってみましょう

1つのマシンや器具を占領しない

「スーパーセット法」「ジャイアントセット法」など、複数の器具を同時に使用することで筋肥大効果が期待できるトレーニング法もありますが、一人でいくつもの器具を独占しないようにしましょう。このような利用の仕方を明確に禁止しているジムもあります。

禁止されていない場合でも、他の人が器具を使えなくなるため、控えるようにしてください。また長すぎるインターバルや決められた利用時間を超えてのマシンの利用も、他の方が使えなくなり迷惑なためおすすめしません。

大きな声をだす

高重量を持ち上げる際につい声が出てしまうことは仕方がありません。しかし、むやみに大きな声を出してトレーニングすることは、周りの人を驚かせてしまい迷惑になります。ジムでは大声を出してのトレーニングを禁止している場合も多くありますので、気をつけましょう。

スマホでの写真撮影

最近はトレーニング画像をSNSにアップしている人もいます。しかし、ジム内での撮影は他の利用者が写り込んでしまう可能性もあります。また撮影に夢中でケガをする危険性も高いです。ケガや他の利用者とのトラブルを避けるためにも、ジムではスマホで撮影をしないのがおすすめです。

自分のやり方を押し付けない

トレーニングに慣れてくると、どうしても初心者の方のトレーニングを見てアドバイスをしてあげたくなる人もいると思います。しかし、相手から聞かれてもいないのに自分のやり方を教えるのは避けるようにしてください。トレーニングの目的も人それぞれです。自分に効果があったとしても誰にでも合うやり方とは限りません。

おしゃべりしながらトレーニングする

ジムに通っているうちに顔見知りの人ができて仲よくなることや、友達同士で通っている人もいるでしょう。しかし、トレーニングに集中している人からすると、話し声は意外と耳障りなものです。そのためジム内で話し込むのは避けて、必要ならロビーや休憩室へ移動することをおすすめします。

 

今回はジムのマナーについてまとめました。気がつかないうちにマナー違反をする可能性もあるため、意識して注意することが大切です。ジムで運動する際は、利用者みんなが気持ちよくトレーニングできるよう気をつけてくださいね。

平岩でおすすめのスポーツジム5選・ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名スポーツクラブ ルネサンス 札幌平岸24JOYFIT24札幌西岡スポーツクラブ Zip平岸スポーツアカデミーブランチ札幌月寒ホリデイスポーツクラブ 東札幌店
特徴おもてなしNo.1の総合型スポーツクラブ!理想のボディを手に入れられるマンツーマン指導アリ!豊富なレッスンがあり、予約せず受講可能!商業施設ならではの利便性で家族で楽しめるスポーツジム!初心者を対象とした総合スポーツクラブ
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索