【平岸のスポーツジムランキング】運動初心者の方にもおすすめ!スポーツクラブから24時間ジムまでをまとめて紹介!

向き不向きがある?トレーニングを自宅で行うメリット・デメリット

公開日:2021/03/01

いつでも気軽に通えるスポーツジムが増える一方で、最近は動画配信サービスが充実し自宅でトレーニングを行う人も増えています。自宅で行うトレーニングには向き不向きがあるので、その特性を理解して、目的に合わせた方法を選ぶことが大切です。この記事では自宅トレーニングのメリットとデメリットが分かります。ぜひ参考にしてみてください。

トレーニングを自宅で行うメリット

自宅でトレーニングができることで得られるメリットを紹介します。

マイペースにトレーニングができる

1番のメリットは何といっても「自分のペース」でできることです。自宅であれば、自分の好きなスペースで、好きな時間に、好きなトレーニングを行うことができます。スポーツジムでは、利用時間や、レッスン時間が決められていますし、他の利用者がいれば順番待ちなどもあるのですべて自分のペースで進めるわけにはいきません。特に、仕事や家事、子育てをしていたり1日のスケジュールが忙しい人にとっては、スポーツジムへ通う時間を確保することも難しい場合もあります。自宅でトレーニングが出来れば、好きなタイミングでトレーニングすることが可能です。

移動時間がかからない

自宅でトレーニングができれば、スポーツジムへ通う必要がありません。いつでも自分のいる場所でさっとトレーニングができるので、移動時間やお金や労力は掛からないのです。移動せずに自宅でトレーニングを行うことで、移動にかかる負担がなくなるのは大きなメリットといえます。

人目を気にしなくていい

自宅でトレーニングを行えば、当然他人がいないので人目を気にする必要がありませんね。スポーツジムなどでは、トレーニングをしている人が大勢います。ひとりで行うトレーニングであっても、近くに人がいるので気が散ったり、気になってしまうこともありますよね。特に、初心者にとっては周りに人がいると緊張してしまったり、上手な人が多い場所に行くのが億劫になってしまうこともあるかもしれません。中には、インストラクターの近くに行くと緊張するという人までいます。自宅で自分ひとりで自由にトレーニングできれば人目を気にする必要がないので安心です。例えば、メイクをしたり、綺麗な服装でなくても、すっぴんで部屋着、寝る前などでも格好を気にせずにトレーニングができるので気軽に日常生活に取り入れることができるでしょう。

お金がかからない

スポーツジムなどでトレーニングを行う場合は月会費やレッスン料を支払う必要があります。格安の市営体育館などでも数百円必要です。その点、自宅でトレーニングを行えば施設利用料や交通費などもかからないのでお金はかかりません。成果を出すためには長期的に継続する必要があるため、コストがかからないことも大きなメリットですね。

 トレーニングを自宅で行うデメリット

ここからは自宅でトレーニングを行うデメリットを紹介します。メリットと合わせて比較し自分に合った方法を選ぶ参考としてみてくださいね。

間違った方法でも気づかない

自宅でトレーニングを行うには、スポーツジムなどとは違い自分でトレーニングを全て行うため、トレーニングの知識が必要です。トレーニング方法が分からない場合は、外でレッスンを受けて覚えたものを自宅で行ったり、DVDや動画配信を見て行ったりできます。しかし、いずれにしても自分のトレーニングを見てくれる人がいないので、間違った方法でも気が付かずにそのまま続けてしまうことがあるでしょう。なかには、オンラインで画面越しに指導を受けることもできますが、直接触れたり、細かい動きを見てもらうことが難しいので教室やスポーツジムで指導をうけるものとは大きく異なります。

誘惑が多い

自宅で行う場合は、誘惑が多く集中や継続をすることが難しい環境です。スポーツジムなどは、トレーニングを行うための環境が整えられています。他に邪魔するものがなく、必要な設備だけが整った空間でトレーニングを行うことができます。それに比べて、自宅は生活するための空間なので、トレーニングに必要なもの以外が置いてありますよね。気が反れてしまったり、食べ物や娯楽の誘惑に負けてしまったりすることも気を付けなければなりません。

継続するのが難しい

トレーニングは継続してこそ効果が得られるものです。スポーツジムには、継続しやすい工夫がたくさんありますが、自宅で行う場合は自分でモチベーションを高める必要があります。当然、専門のスポーツジムよりも継続する難易度は高くなるでしょう。集中力や意欲を高めて継続できるかどうかには個人差があります。ひとりでも、目的達成のために集中できる場合もあれば、一人では継続できない場合、誰かと一緒だとやる気が高まる場合もあるでしょう。

器具が使えない

自宅でトレーニングを行う場合は、スポーツジムにあるような器具は使えません。ダンベルやストレッチポール、バランスボール、ステップ台などは気軽にそろえることができるものもありますが、大きなマシンをいくつもそろえるのは難しいですね。器具がない分、スポーツジムでのトレーニングに比べて自宅トレーニングはできることに限りがあります

自宅でのトレーニングが向いているかどうかは人による

自宅でのトレーニングを行う場合にはメリット・デメリットがそれぞれあります。トレーニングに詳しく、モチベーションを上げて自分一人でも行うことができる人は、ジムに通う必要がなくコストも掛けずに自分でマイペースにトレーニングをすすめることが可能です。しかし、知識がなく、自分一人ではどうしたらいいのか分からない人、アドバイスが欲しい人、モチベーションが保てない人などはスポーツジムへ通うのがおすすめです。特に、はじめての場合はいきなり一人で始めずに専門のジムへ通う方がよいでしょう。動きが身につき、慣れてしまえば途中から自宅でトレーニングを行えるようにもなるので、まずはスポーツジムへ通って基礎を身に着けてみてはいかがでしょうか。

 

今回はトレーニングを自宅で行うメリットとデメリットを紹介しました。身体の状態やスキルによってどちらが向いているかは変わってきますが、メリットとデメリットを参考にして選んでみてくださいね。

●でおすすめの●5選・ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名スポーツクラブ ルネサンス 札幌平岸JOYFIT24札幌西岡スポーツクラブ Zip平岸スポーツアカデミーブランチ札幌月寒ホリデイスポーツクラブ 東札幌店
特徴おもてなしNo.1の総合型スポーツクラブ!理想のボディを手に入れられるマンツーマン指導アリ!豊富なレッスンがあり、予約せず受講可能!商業施設ならではの利便性で家族で楽しめるスポーツジム!初心者を対象とした総合スポーツクラブ
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索